阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0223 杤原(とちはら)

   兵庫r12・猪名川町杤原字宮ノ下にある停留所。2012年12月10日の能勢営業所廃止に伴う杉生線ダイヤ改正に併せて、停留所名を「栃原」から「杤原」に変更した(読みは同じ、詳細は後述)。   紫合方面に向かって撮影。    もともとの停留所名は「栃原」だったのに対して、地名表記は「杤原」であった。 「トチ」という言葉自体は、山間部に生える落葉樹林のことで、中国の「橡」という形の漢字が...

8561 塩田厄神前(しおたやくじんまえ)

  神戸市北区道場町塩田、塩田八満宮駐車場にある停留所。毎年1月18日・19日の厄除大祭開催の際に停留所が設置される。 もともとは神鉄バスが三田や有馬から鎌倉峡口方面へと結ぶ道場線を運行していたが、1999年4月1日改正で運行休止となる。ただし、毎年1月の厄除大祭においてはその休止路線を運行してきた(2003年1月運行分まで)。2004年1月分からは阪急田園バスによる運行に変わり、県道上にあった「宮前橋」停留所では...

神戸三宮(こうべさんのみや)

  神戸市中央区雲井通7丁目、JR三ノ宮駅南側、神戸新聞会館(愛称:ミント神戸)1階にあるバスターミナル。  阪急バス高速線の歴史としては、2003年4月25日にTDL・千葉線で共同運行している京成バスと阪神バスが神戸三宮系統を開設することで新設されたことがはじまりである(2006年11月26日に現在地に停留所を移設)。2007年3月1日に、大阪系統と神戸系統が統合されることにより、阪急バスは同路線の運行を休止してい...