阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0032 清風荘(せいふうそう)

  豊中市清風荘1丁目、R176・清風荘1丁目交差点にある停留所。1960年代前半(昭和30年代)頃までは「待兼山」という停留所名だった。清風荘住宅地は昭和1桁年代に開発された戸建分譲住宅地で、国道東側には閑静な住宅街が広がっている。 かつては阪北線(梅田~豊中~池田など)も運行されていたが、現在では豊中西宮線[97]豊中~西宮北口系統が1日1往復、毎年1月18・19日に尊鉢厄神臨発(豊中~池田系統)が停車するのみ。も...

有料道路を経由する際の割増運賃への考察

片手間に、乗合バス運賃研究会(2008):「一般乗合旅客自動車運送事業の運賃及び料金の申請書様式等」という書類を入手しました。このなかで、対キロ区間制において、有料道路割増運賃は次のように定義されていました。(P.27) A=使用料金×(1-回数券割引率) とおいて、 割増率=A÷有料道路区間キロ程(有料道路を含む運賃区界停留所間のキロ程のこと)       ÷乗車密度÷(1-割引減収率)÷基準賃率よって、 割増...

三次(みよし)

  広島県三次市十日市東1丁目5-10、備北交通・三次バスターミナルにある停留所。停名は運行会社によって多少異なっており、備北交通は「三次」「三次バスセンター」、広島電鉄(以下、広電バス)は「三次備北営業所」、一畑バスは「三次備北」、中国バスは「三次バスセンター」となっていた。この記事では阪急バスで使われている停名である「三次」を記事名とした。 阪急バス 大阪~新見・三次線においては、1984年5月1日に中国...

巴橋(ともえばし)

※ 2014年4月1日に 新大阪~三次線の中国バス便の停車は廃止されました。  広島県三次市十日市町中2・3丁目、R183・巴橋東詰交差点東にあった停留所。三次車庫方面に向かって撮影。 [高速]大阪~新見・三次線においては、阪急バス便は三次バスセンター止まりだが、中国バス便が三次バスセンターから先の巴橋・三次車庫まで運行する。このため、阪急バス便はこの停留所には停車しないが、阪急バス公式サイトにも掲載されている停...

和知(わち)

 広島県三次市和知町、中国自動車道・和知BSにある停留所。1984年5月1日、大阪~新見線が三次まで延伸したことに伴い新設された。◆上り線・大阪方面のりば  大阪梅田行き(広島電鉄・中国バス・阪急バス)  ※中国バス便に限り相互乗降可能。阪急バス便は乗車のみ。 庄原、東城(備北交通) ※相互乗降可能。  三次・広島北方面に向かって撮影。   のりばには待合所が設置されている。   庄原・大阪方面...

対キロ区間制運賃の表し方

ネタが無いときに書いているコラム5回目です。さて。コラム2回目の記事で、対キロ区間制運賃の計算方法を掲載しましたが、今回はさらにそれを一般化をしてみました。(式については、私が在籍している大学の数学教育専攻の方にご教示&チェックしていただきました。) 下記のGIF画像が、一般的な計算式になります。クリックして拡大表示してください。(見にくい方はPDF保管庫から該当ファイルをDLしてください。)  1枚目...

1543 生瀬東町(なまぜひがしまち)

  西宮市生瀬東町、R176・生瀬交差点付近にある停留所。1999年4月1日に新設された。写真は宝塚方面に向かって撮影。  生瀬橋方面に向かって撮影。バス停南側に宝塚市・西宮市境がある。    西宮名塩駅、下山口、有馬、岡場駅、山口営業所前、北六甲台、読売ゴルフ場、蓬莱峡、有馬駅前方面の標柱。  宝塚方面の標柱。全便が次の宝塚までの運行となる。2010.6.25...