阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

1071 外院の里(げいんのさと)

  箕面市粟生外院4丁目にある停留所。停名の由来は阪急電鉄が開発した450戸の分譲住宅地「阪急外院住宅」こと「外院ノ里」のこと。阪急バスでは新住宅地における輸送に対して運行損失金などに対する補償をディベロッパーに求める「阪急バス方式」と呼ばれる補償交渉を進めてきたが、この外院ノ里住宅地も昭和46年8月20日に阪急電鉄と契約し、1971(昭和46)年10月30日に北千里~今宮間と勝尾寺口~外院の里~小野原間の各区...

0081 ピッコロシアター

   尼崎市南塚口3丁目、兵庫r13(尼崎池田線)・ピッコロシアター前交差点北にある停留所。もともとの停留所名は「塚口」。JR塚口駅(JR宝塚線)とは300mほどの距離しかなく、停名はJR塚口駅(当時は国鉄塚口駅)を意識したものと思われる。  1978年にピッコロシアターこと兵庫県立尼崎青少年創造劇場ができたことで、尼崎市バスが「ピッコロシアター」に改称した。のちに尼崎市・阪急バス・阪神バスが利用者の利便のため『...

0889 生保(しょうほ)

 茨木市生保地区代替地にある停留所。旧生保集落が安威川ダム工事に伴い水没されるため住居地区を移設した。停留所も運行経路である大阪府道茨木亀岡線の付け替えに伴い、2010年10月4日ダイヤ改正において、旧道上の停留所を廃止し、新市道上に停留所を新設した(旧府道の奥垣内~竜仙峡間は2011年6月末から道路閉鎖のため通行不可)。停留所番号は廃止された旧道上のものを引き継いでいる。2011.4.3  府道方面に向かって撮...

0895 竜仙峡(りゅうせんきょう)

 茨木市車作、竜仙峡にある停留所兼回転場で、車作線の終点の一つ。もともとは現在の「竜仙峡口」停が「竜仙峡」と名乗っていたが、1978年9月6日に折り返し用地を確保したのに伴って現在の「竜仙峡」停が新設された。またこの改正前にはここから北へ100m程行ったところに「車作大橋」停があり、これが現在の「竜仙峡」停の位置に移設・改称したと考えても良いだろう。  府道茨木亀岡線の付替道路工事に伴い、転回場が工事用地と...

0893 中島(なかじま)

※ この停留所は2007年7月1日(日)から休止していましたが、2010年10月4日(月)の改正で廃止されました。※ 運行経路だった旧府道茨木亀岡線(奥垣内~竜仙峡間)は安威川ダム工事の進捗に伴い、2011年6月末日までに道路が閉鎖されており、通行はできません。    大阪r46(茨木亀岡線)、茨木市車作にある停留所。阪急茨木方面に向かって2004年5月に撮影。  左にある砂山は見山製紙工業(株)・見山工場跡地。同社は戦後直後の19...

0894 竜仙峡口(りゅうせんきょうぐち)

※この停留所は2007年7月1日(日)から休止していましたが、2010年10月4日(月)の改正で廃止されました。※ 運行経路だった旧府道茨木亀岡線(奥垣内~竜仙峡間)は安威川ダム工事の進捗に伴い、2011年6月末日までに道路が閉鎖されており、通行はできません。  大阪r46(茨木亀岡線)、茨木市車作、竜仙峡停留所の南側にある停留所。安威川ダム建設により周辺の建物が代替地へ早々に移転したことから、2004年現在、周辺には何も無...

0892 車作高橋(くるまつくりたかはし)

※ この停留所は2010年10月4日改正で廃止されました。※ 運行経路だった旧府道茨木亀岡線(奥垣内~竜仙峡間)は安威川ダム工事の進捗に伴い、2011年6月末日までに道路が閉鎖されており、通行はできません。   茨木市車作字高橋にあった停留所。 茨木方面の標柱は交差点より北側にあるが、道路の構造上、車作から阪急茨木に向かうバスは中央の交差点で乗降扱いする。  かつてはここが終点で「車作」と名乗っていたが、1978.9...