阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

桜井駅(さくらいえき)

  箕面市桜井2丁目、阪急桜井駅前にある停留所。2010年9月1日、箕面循環線(オレンジゆずるバス)の運行開始とともに新設された。半町に向かって撮影。  牧落に向かって撮影。   桜ヶ丘・南桜井・箕面高校前・箕面市役所前・市立病院・かやの中央方面の標柱。   標柱はオレンジゆずるバス専用のもで、仕様も今までもアルミ製標柱とは異なり、若干簡素なつくりになっている。   徒歩100mのところにあ...

対キロ区間制の運賃

 コラム第2回目です。  読者の方から「バスの運賃はどうやって定めているのか」という質問がありました。自分も少し気になっていたので、国交省や近畿運輸局に電話で問い合わせ。  阪急バスの場合では、乗合バスの普通旅客に対する普通運賃は、一般に*、次のようになっているそうです。  各用語については鉄道系のサイトでも詳しく紹介されているので、そちら**も参考にしてください。   乗合バス>普通旅客運賃>基本運賃(...

大阪からバスを乗り継いで滋賀県へ~京都線~

 ある日、このBlogの某読者さまから次のような新聞記事を頂いた。  (1962.4.29 産経新聞滋賀版、提供:Kさま クリックすると別窓で拡大します) 記事を要約すると、次のようになる。 『滋賀県の帝産湖南交通が信楽・石山駅から山科を通り京都市内への路線開設を模索し、当初は京阪三条を終点とする予定だったが、交通事情により河原町御池の阪急バスターミナルを終点とする路線に変更し、5月1日から運行を開始する。信...

No image
No image

梅田23:50発宝塚行~終電後の深夜便~

 大阪梅田から国道176号を北上、十三・菰江(日出町)・庄内・服部・桜塚を経て、豊中・柴原・箕面へ至る路線。大阪北部を走る「阪北線」がそれだ。  2010年夏現在、阪北線は梅田~日出町~豊中間の運行を基本にして、千里中央へは1時間に1本程度、箕面へは平日に限り1時間に1本運行している。  1964(昭和39)年に発行された「全国バス路線便覧」を開いてみると、この当時、ほかにも内本町二丁目~池田~妙見山上、といった長...

1841 森町中三丁目(しんまちなかさんちょうめ)

  箕面市森町中2・3丁目外縁部にある停留所。2010年3月20日の箕面森町線の路線延伸改正の際に、新設された。箕面森町里山方面に向かって撮影。  地区センター方面に向かって撮影。  近隣公園前方面の標柱。  地区センター・千里中央方面の標柱。2010.6.26...

0641 舟坂東口(ふなさかひがしぐち)

  西宮市山口町船坂、兵庫r51(有馬街道)・船坂集落の東口に位置する停留所。生瀬方面に向かって撮影。  宝塚方面の時刻表。2007年に停名表示面・上部円板ともに更新されている   有馬方面の標柱。2010.6.25...

松川(まつかわ)

   長野県下伊那郡松川町大島、中央自動車道・松川IC構内にある停留所。高速道路の施設名としては「松川IC/BS」。料金所手前にロータリーが設置しているため、バスは料金所から出ずにロータリーをくるりと回ることになる。 バス停には町営の「松川インター駐車場」が隣接しており、パークアンドライドなどに利用されている(2009年3月末まで無料)。バス停には待合所のほかにも、公衆便所や自販機・ゴミ箱が設置されて...