阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

No image
No image

1280 芦屋浜営業所前(あしやはまえいぎょうしょ)

 阪急バス芦屋浜営業所前にある停留所。周辺にはシーサイドタウンと呼ばれるマンション群が広がっている。後ろに立っているマンションの形もなかなか独特なもの。 今、バスが停まっているところが2番のりば、右の上屋があるところがおりばである。高浜町に向かって撮影。 芦屋浜営業所の東西にある1番(奥)、3番(手前)のりば。<のりば案内図>2007.9.20現在クリックすると拡大します2004.7.18...

1514 潮芦屋中央(しおあしやちゅうおう)

 芦屋地区南部の埋立地「南芦屋浜(潮芦屋)」の中央部にある停留所。2006年4月1日に「南芦屋浜中央」から改称した。路線開設以来 起終点停留所だったが、2008年11月改正で一部系統の延伸が行われたため 起終点停留所ではなくなった。 周辺にはマンションやヨットハーバー場がある。東に向かって撮影。  西に向かって撮影。  西行きの標柱。上が改称前、下が改称後。   東行きの標柱。上が改称前、下が改称後。  ...

籠坊温泉(かごのぼう おんせん)

   左部分を撮影したもの。ここが阪急バス「籠坊温泉」停留所である。 廃止からかれこれ30~40年経っているため標柱の痕跡は無いが、ベンチや電話BOX(昭和50~60年代頃まで、バス停と電話BOXがセットになっていたことが多い)が残っている。 奥の建物が元公民館。  上の待避所を天王向きに撮影。左が神姫バスの折返所、右が阪急バスの折返所となる。  ちなみに付近には阪急バスが持っていた民家があり、運転...

栢原(かいばら)

  亀岡市東別院町栢原 上日影にあった停留所。停留所の横には、商店やポストがあるので、ある程度場所は特定しやすい。 車作方面に向かって撮影。  標柱は南掛方面1本だけだった様子。04.12.23...

上杉稲荷(うえすぎ いなに)

  大阪府r603、上杉稲荷神社前にあった停留所。 上の写真でもかなり分かりにくいが、写真左下に道路標識の痕跡があり、停留所標柱はそのすぐ近くにあった。写真奥に同神社がある。今西方面に向かって撮影。  上とは逆に撮影したもの。右の鳥居が上杉稲荷神社への入口。  停留所標柱痕跡は道路標識跡(白く四角い部分)のすぐ近く(写真左下)にある。 2006.3.19 2006.7.15...

上杉上所(うえすぎかみんじょ)

  大阪r603、能勢町上杉上所にあった停留所。デマンドバスと能勢町内線の停留所標柱は同位置にあった。今西方面に向かって撮影。  上杉下所に向かって撮影。  能勢町内線の標柱。  デマンドバスの標柱痕。能勢町内線の標柱のすぐ真下にあった。2006.3.19 2006.7.15...

関西カントリー(かんさいかんとりー)

  亀岡市東別院のゴルフ場、関西カントリー敷地内にあった停留所。廃止後は、同ゴルフ場に運行されている送迎バスが代替を担っている。(JR亀岡、茨木から運行)  停留所のあった場所は送迎バスの待機場として使われている。大型バスでは若干窮屈そうに思われる。   待機場を逆から撮影。バスの右側に標柱跡があった。   待機場横にあった標柱跡。苔に侵食され非常に分かりつらい。   関西カントリ...

上杉下所(うえすぎしもんじょ)

 大阪r603、能勢町上杉下所にあった停留所。デマンド線の停留所は集落内、能勢町内線の停留所は集落のはずれにあった。<デマンド線 上杉下所>  写真左下に標柱があった。 今西方面に向かって撮影。  猪名川町阿古方面に向かって撮影。偶然にも、写真左にある看板の「→」をほぼそのままたどっていったところに、標柱があったことになる。   標柱痕。<能勢町内線 上杉下所>  今西方向に向かって撮影...

京阪門真市駅(けいはんかどましえき)

  門真市元町、京阪門真市駅北西にあった停留所。国鉄バス東大阪線(国鉄吹田駅前~松下厨房器前)の全廃に伴い、この代替系統として1987年4月1日に吹田八尾線・国鉄吹田駅前~門真市駅系統を新設。この系統新設に伴って新設された。1989年8月19日に「門真市駅」から「京阪門真市駅」に名称変更された。1997年8月22日に吹田八尾線の運行休止に伴って停留所は休止扱いとなり、1999年7月1日の路線廃止によって停留所も廃止され...

越水町(こしみずちょう)

 兵庫県越水町の、国道171号直角カーブ付近にあった停留所。もともとは西宮市内・夙川台線[31]西宮北口~能登町~国道171号~江上町~阪急夙川~五ヶ池系統が通過系統としてあったが、1999.4.27改正時に西宮北口~阪急夙川間の経路がJR西宮北(山手幹線)・JR西宮経由にに切り替わり、実質的に通過系統が消滅したことにより休止となった。ちなみに同[31]系統は2007.3.18改正時に国道2号経由に切り替え、残存区間である山手幹線及...

神山口(こやまぐち)

  能勢町神山にあった停留所。稲地に向かって撮影。  写真右下に標柱痕があった。   標柱痕。2006.7.15...

九ヶ折(つづがおれ)

  京都r46(茨木亀岡線)、亀岡市東別院町栢原九折にあった停留所。1997年12月22日、車作線南掛系統の廃止により、この停留所も廃止された。 当時のバス停は、高槻市二料、田能、向日市方面へと走る京都r733(柚原向日線)との交点から少し南に行ったところに位置していたようである。亀岡市街に向かって撮影。   茨木向きに撮影。右側の民家の軒先の待避所付近にバス停があったらしいが、標柱設置痕などの停留所が...

九鬼谷(くぎたに)

  茨木市清阪にあった停留所。粉塵がすさまじく、訪問にはマスクが必要になる。南掛方面に向かって撮影。 なお、安威川の茨木市北部地域一帯を「九鬼谷」というらしく、おそらくこの停留所名もそこから取られたものであろう。なお周辺地帯の地名は「清阪」。 2004.12.23...

松下厨房器前(まつしたちゅうぼうきまえ)

  松下電器産業工場の西側にあった停留所。 八尾方面のりばには、停留所があった箇所にだけガードレールが切れており、これがバス停があったことを示す証拠になった。吹田方面に向かって撮影。  八尾方面に向かって撮影。  吹田方面のりばにはベンチだけが取り残されていた。ただ実際の位置は(住宅地図によれば)写真の位置より若干南にあったらしい。  ベンチでいくら待てども、バスは一生来ない。2007...

美濃谷(みのたに)・長谷美濃谷(ながたにみのたに)

 能勢町長谷美濃谷にあった停留所。<デマンド線 美濃谷>  デマンドバスのバス停は能勢町内線のバス停より若干神山寄りにあった。  写真左下に標柱痕。右奥に能勢町内線の標柱が。 <能勢町内線 長谷美濃谷>  垂水に向かって撮影。 2006.7.15...

御幣島二丁目(みてじまにちょうめ)

 御幣島二丁目交差点付近にあった停留所。  千船橋方面のりばがあった地点。標柱は市バスと並んでいた。    加島方面の標柱はちょうどこのあたりにあった。市バスの停留所はこれより数m北側に移転している。  千船橋方面のりば近くにあるJR御幣島駅入口。2007.5.3...

御幣島五丁目(みてじまごちょうめ)

 みてじま筋上、御幣島6丁目交差点の北側にあった停留所。標柱は阪急と市バスが隣り合った状態で設置していたようであるが、現在ではどちらも撤去されている。  なお、市バスの「御幣島5丁目」停自体は同交差点西側に現存している。   千船橋に向かって撮影。  加島方面のりばはこのあたりにあったらしい。  千船橋方面のりば。07.5.3...

御幣島第二住宅前(みてじまだいにじゅうたくまえ)

名の通り「市営御幣島住宅」前にあった停留所。阪急バスの廃止後、市バスは停名を「御幣島住宅前」に改称している。  千船橋方面のりば。 加島方面のりば。07.5.3...

御幣島公園前(みてじまこうえんまえ)

「御幣島公園」の東側にあった停留所。 加島方面の標柱は市バスと同位置にあった。 千船橋方面の標柱があった場所には地図看板が立っているだけで、標柱の痕跡は一切無かった。ちなみに市バスの乗場はここから10mほど北側にある。07.5.3...

中人(なかんど)

  国道173号旧道、能勢町山辺 奥山、自然の森ファミリーオートキャンプ場への分岐付近にあった停留所。  左の道が開拓村(後述)・キャンプ場へ、右の道が旧道本線(天王方面)。 現在のアプローチ方法だが、新道から中堂橋への道もある(らしい)が、やはり旧道をそのまま通る方が確実だ。 バスを乗り継いでくるのであれば砂原橋から2.8km徒歩でしか方法はない。  左下の白いコンクリートで四角くなっているのが標...

中の町(なかのまち)

 大阪r106、能勢町下田尻中ノ町にあった停留所。<デマンド線 中の町>  山下方面に向かって撮影。  写真右下にあるのが山下方面の標柱痕跡。写真奥の電柱のすぐ後ろに能勢町内線の標柱があり、これでおおよその位置を把握でき・・・たのだが、能勢町内線自体廃止になってしまったため、これといった目印はなくなってしまった。<能勢町内線 中の町>  下田尻に向かって撮影。 2006.3.12...

南宮町

<調整中> ...

庭窪郵便局前(にわくぼゆうびんきょくまえ)

 庭窪郵便局前交差点付近にあった停留所。当の「守口庭窪郵便局」は06年9月25日をもって大日駅前にある「イオン大日」内に移設・廃止となった。   門真方面のりば。吹田方向に向かって撮影。バス停があったと分かるようなものは一切無し。  門真方面に向かって撮影。  吹田方面のりば。吹田方面に向かって撮影。こちらも痕跡は一切無し。 ...

落合橋(おちあいばし)

  大阪・兵庫r106、兵庫県川西市・大阪府能勢町の府県境付近にあった停留所。 奥にある橋が「落合橋」で、「落合」自体は川西市黒川の字、知名キャンプ場付近一帯を指している。 写真左へ行くとr604を通って野間、妙見山方面へと抜けられる。山下方面に向かって撮影。 写真左下にあるのが標柱痕跡。山下方面にだけ標柱が設置されており、両方向兼用していたようだ。  標柱痕と思わしき箇所。2006.3.12...

知明りんどう橋(ちめい りんどう ばし)

  兵庫r103、川西市国崎、県立一庫公園東口にある「知明りんどう橋」の北側にあった停留所。 停名の由来である知明りんどう橋は停留所のすぐ近くにあるわけではなく、若干距離があるため「『知明りんどう橋』が見える停留所」と言った方が適当であろう。  停留所からあった位置から「りんどう橋」がよくみえる。山下方面に向かって撮影。  能勢方面に向かって撮影。路面が再舗装されたが、停留所の位置があったことを...

塩谷口(しおたにぐち)

  能勢町下田尻地区の南端、稲荷神社の筋との交点付近にあった停留所。下田尻方面に向かって撮影。 なおこの周辺の地名は「下ノ町」であり、周辺には「塩谷」なる地名は存在していない様子。  下田尻方面の標柱痕跡。よく目を凝らさないと、本当に標柱痕跡かどうかは分からない。   下田尻方面の標柱痕跡。よく目を凝らさないと、本当に標柱痕跡かどうかは分からない。 2006.3.12...

下最寄(しもさより)

デマンド線 下最寄  能勢町下田尻下最寄にあった停留所で、酒店の前に標柱があった。ガードレールも停留所があった場所だけ切れているため、容易に場所が分かる。山下方面に向かって撮影。   山下方面の標柱痕跡。両方向兼用だった。能勢町内線の下最寄停留所は写真奥にあった。下田尻方面に向かって撮影。能勢町内線 下最寄  山下方面に向かって撮影 旧デマンドバス停留所は、写真奥の左カーブを曲がりきっ...

住友砕石前(すみともさいせきまえ)

 文字通り、住友砕石前にあったバス停。「住友砕石」は現在「安威川砕石」と名前を変えている。南掛に向かって撮影。04.12.23...

垂水口(たるみぐち)・山田下所(やまだしもんじょ)

デマンド線 垂水口  能勢町山田下所、大阪r602と垂水方面への町道との分岐付近にあった停留所。大字「垂水」の北口に位置している。奥にある交差点を右に曲がると「垂水」、まっすぐ行くと「今西」方面へと行ける。  垂水口には停留所基礎が残っていた。基礎ごと地面に埋め込み、撤去できなかったものだと思われる。能勢町内線 山田下所  上の「垂水口」から西側へ数十mほど行ったところにあった。 2006...

天神橋(てんじんばし)

  栢原にある天満宮へと繋がる天神橋付近の南側にあった停留所。 撮影当時時点には、付近の道路・歩道は再舗装されており、停留所痕跡は消失している様子だった。 南掛に向かって撮影。  停留所由来の「天神橋」。意外とそっけない。  天 神 橋 04.12.23...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。