阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0279 平野(ひらの)

  国道423号、豊能町木代字平野にある停留所。  池田方面に向かって撮影。    池田方面の標柱。   余野方面の標柱。2002.11.16 2011.3.29...

1024 東豊中五丁目(ひがしとよなかごちょうめ)

 東豊中町五丁目交差点にある停留所。近くには小さい商店街がある。もとの停留所名は「東豊中第二団地前」。1967年12月28日の改正で、東豊中第二団地前~東豊中小学校前間を延伸させた。この頃は南町三丁目(当時は豊中斎場前)へのルートはなく、二之切へと運行していた。 豊中方面の標柱。 桃山台方面の標柱。 この東豊中五丁目から先の同四丁目までは登記上は400mだが、実は目と鼻の先である。 写真奥にあるバスは東豊中...

1023 東豊中四丁目(ひがしとよなかよんちょうめ)

 東豊中町四丁目交差点にある停留所。1967年12月28日に「団地中」停留所として新設された。 桃山台方面の標柱。 豊中方面の標柱。2002.12.12...

1328 一庫ダム(ひとくらだむ)

 一庫ダム南口・井補野にある停留所。山下方面に向かって撮影。 野瀬町方面の標柱。 山下駅方面の標柱。 現在は一庫ダム右岸にだけ路線を持っていたが、過去には左岸にも路線を持っていた。一庫ダムの諸施設は左岸に集中している。 デマンドバスの下田尻方面のりば跡。標柱設置跡も見つけることができた。道路本線からは完全に分離し、バス専用のスペースが設けられていた。  デマンドバスの山下駅方面のりば跡。切り込みが...

0298 一庫(ひとくら)

 兵庫r68、川西市一庫にある停留所。2003年現在、ここを通るバスは深夜帯1便のみで、免許維持に近い状態になっているが、かつては西能勢線(本線系統)も一庫に停車していた。(詳細は後述)  山下方面に向かって撮影。  日生中央方面の標柱。のりばや標柱には蜘蛛の巣が張ってあり、客が乗降している気配がない。この写真は2003年4月に撮影したものだが、3年後の2006年3月に再訪したときには上屋は撤去されていた。  2003年4...

0932 東山(ひがしやま)

 向日市東山にある停留所。狭隘区間が連続する大原野線でも数少ない道幅が広い区間に停留所がある。 阪急東向日方面の標柱。 南春日町方面の標柱。2002.9.21...

1022 東豊中小学校前(ひがしとよなかしょうがっこうまえ)

 豊中市立東豊中小学校の北側にある停留所。 豊中方面のりば。 桃山台方面のりば。 停留所から徒歩1分ほどのところにある東豊中小学校。 バス停の横すぐにある東豊中幼稚園。この他にもバス停付近にはスーパーマーケットや交番などがある。2002.8.3...

0320 東ときわ台二丁目(ひがしときわだいにちょうめ)

  豊能町東ときわ台2丁目にある停留所。東ときわ台線[71]系統で、早朝時間帯の一部便はここを始発としている。  支所前・妙見口駅方面の標柱。 標柱の対向側から発車する余野・希望ヶ丘方面と兼用している。豊能町内線が新たに停車するようになっても標柱は1本、塗装更新もされていないままである。  能勢電鉄妙見口駅と東ときわ台住宅地を結ぶ東ときわ台線[71]系統。昼間時で20分間隔と運行本数は多い。2003.7.6...

0321 東ときわ台五丁目(ひがしときわだいごちょうめ)

  豊能町東ときわ台5丁目にある停留所。  支所前・妙見口駅方面の標柱。  能勢電鉄妙見口駅と東ときわ台住宅地内を結ぶ東ときわ台線[71]系統。運行頻度は昼間時でも20分毎と多い。2003.7.6...

0323 東ときわ台九丁目(ひがしときわだいきゅうちょうめ)

  豊能町東ときわ台9丁目にある停留所。  支所前・妙見口駅方面の標柱。  能勢電鉄妙見口駅と東ときわ台住宅地内を結ぶ東ときわ台線[71]系統。運行頻度は昼間時でも20分毎と多い。2003.7.6...

0871 法性寺前(ほっしょうじまえ)

    豊能町切畑字中ノ西、清岳山法性寺山門下にある停留所。写真は余野に向かって撮影。 停留所名のよみは、阪急バス公式サイトでは「ほうしょうじまえ」と表記されているが、車内放送では「ほっしょうじまえ」となっている。停名の由来である「法性寺」の読みは「ほっしょうじ」が正しいものであるから、当サイトでも「ほっしょうじまえ」の読みを採用している。  茨木方面に向かって撮影。  &#...

1162 北摂信愛園前(ほくせつしんあいえんまえ)

  豊能郡豊能町川尻、社会福祉法人「北摂信愛園」入口にある停留所。近くの民家は余野川対岸にあるため、利用客は橋をわたってバス停に来る。    池田方面に向かって撮影。池田向きについては写真のように空き地があるが、ここは道路向かいの自動車販売店の敷地になっているようで、バスはこの空き地に乗り入れられず、道路上で乗降扱いを行わなければならない。  池田方面の標柱。   余野・牧方面の標...

0337 保育所前(ほいくしょまえ)

  豊能町吉川字下之町、豊能町立吉川保育所の西にある停留所。同保育所は国道側にある。東ときわ台線開設当初はこの停留所はなく、後年になって新設された停留所である。   東ときわ台方面の標柱。塗装更新前は次停留所表記もあったが、更新後はこのように停名のみの表記になった。また上部円板は破損したため取り替えられている。   妙見口駅方面の標柱。 2002.12.15...

0848 的田(まとでん)

※ この停留所は、2015年4月1日から休止しています。   茨木市大岩にある停留所。のりばは もともと県道上(写真左方・農協前)にあったが、現在では市道上に移されている。 忍頂寺線[84]阪急茨木~大岩系統の運行継続が困難であるとして、2015年4月1日から休止している。  2004.5.3旧道上のりば ~1998.1.28まで  1998.1.29に山手台七丁目~大岩郵便局前間の新道乗せ替えが実施されるまでは、JA前に停留所があった。どち...

0733 間谷住宅5(まだにじゅうたく ご)

  箕面市粟生間谷東7丁目」にある停留所。ごく普通の住宅内の道路であり、この道路を大型バスが走るとは信じがたい。 1975年5月10日の間谷ミディバス(コールモビルシステム)運行開始時には「間谷8」という停名だったが、1985年7月3日に路線化された際に現在の停名に改められた。 間谷住宅1方面に向かって撮影。  2011年春に撮影したもの。  写真奥の茶色い建物は大阪大学箕面キャンパス。  今では珍しくなった...

0732 間谷住宅4(阪大外国語学部前) (まだにじゅうたくよん・はんだいがいごくごがくぶまえ)

  箕面市粟生間谷東8丁目、大阪大学・箕面キャンパス(旧・大阪外国語大学)前にある停留所。間谷住宅5方面に向かって撮影。 同大学学部敷地内にある「阪大外国語学部前」停への直通バスが運行されない日には、この「間谷住宅4」停を利用することになる。そのため、休校日でも同大学生の利用が絶えない。 1975年5月10日の間谷ミディバス(コールモビルシステム)運行開始時には「間谷7」という停名で、降車専用の停留所だった...

0730 間谷住宅2(まだにじゅうたくに)

  箕面市粟生間谷東5丁目、粟生幼稚園前にある停留所。 1975年5月10日の間谷ミディバス(コールモビルシステム)運行開始時には「間谷2」という停名だったが、1985年7月3日に路線化された際に現在の停名に改められた。  2011年春に撮影したもの。  間谷住宅3に向かって撮影。  間谷住宅4、北千里、千里中央、阪急箕面方面の標柱。 間谷ミディバス運行時代には、バスを呼ぶコール・ポスト(CP)が設置されていた。&...

0731 間谷住宅3(まだにじゅうたく さん)

  箕面市粟生間谷東7丁目にある停留所。西に向かって撮影。交差点を左に曲がると間谷住宅2 方面。 1975年5月10日の間谷ミディバス(コールモビルシステム)運行開始時には「間谷6」という停名だったが、1985年7月3日に路線化された際に現在の停名に改められた。 なお、ミディバス時代に設置されていた「間谷3」停(降車専用)は間谷住宅自治会館から南へ25mほどのところに、「間谷4」停(降車専用)は上の写真の交差点を左折し...

0728 間谷住宅入口(まだにじゅうたくいりぐち)

  箕面市粟生間谷東5丁目、間谷住宅入口にある停留所。 間谷住宅に初めて乗り入れた「間谷ミディバス」は北千里からこの間谷住宅入口までを定期便として走り、その先の住宅内を要望に応じて運行するというシステムを取っていた。ミディバス時代の「間谷住宅入口」停は回転場となっており、その土地には1992年3月25日に阪急バスによる賃貸物件「パセオ間谷」が建設された。   間谷住宅方面に向かって撮影。   ...

0729 間谷住宅1(またにじゅうたく いち)

 箕面市粟生間谷東5・7丁目、箕面市東部の住宅団地「間谷住宅」の東側に位置する停留所。乗り場は全部で4箇所ある。 間谷住宅を経由する系統のうち、「間谷住宅」を発着とする系統はこの「間谷住宅1」停を起終点としており、間谷住宅発の便は「間谷住宅1発→(循環)→間谷住宅1→・・・」と、間谷住宅着の便は「・・・→間谷住宅1→(循環)→間谷住宅1着」という運行形態になっている。 停名に関しては、1975年5月10日の間谷ミディ...

牧上 (まきかみ)

   豊能町牧字中筋にある停留所。かつて、牧停留所付近の小字が「下牧」だったのに対して、このあたりは「上牧」と呼ばれていた。  牧方面に向かって撮影。    標柱は寺田方面のみ設置で、牧方面と共用。2002.10.26 2003.4.26...

0984 牧落(まきおち)

  R171・箕面市牧落5丁目にある停留所。茨木方面に向かって撮影。 かつては阪急電鉄線接続停留所に指定されていたこともあったが、当の接続駅である阪急牧落駅とは800m弱とかなり離れており、阪急箕面線との乗換えで利用するのであれば隣の南桜井(阪急桜井駅南側)を利用するのが望ましい。  阪急石橋方面の標柱。  茨木方面の標柱。どちらも標柱下部が新調・交換されている。2004.2.18...

0289 牧(まき)

  国道423号・豊能町牧字下牧、東能勢線の終着点である「牧」回転場。 1997年12月22日改正までは、さらに北進した関西カントリー(亀岡市)まで走っていた。   池田方面に向かって撮影。  牧は東能勢線の終着停留所ということで転回場が設けられている。  池田行きのバスが発車待ちしている。2011年12月のダイヤ改正で1時間に1本から2時間に1本以下に減便となった。  終点「牧」に到着したバス。バス...

0319 妙見口駅(みょうけんぐちえき)

  豊能町吉川字中之町、能勢電車妙見口駅南側にある停留所。1985年5月2日の東ときわ台線(妙見口駅~東ときわ台循環、妙見口駅~平野系統)の運行開始とともに新設された。 のちに、京都交通・吉川線の廃止代替路線として運行開始された妙見口能勢線の停留所として、2003年7月1日から同京都交通バスのりばを引き継いだが、2009年2月16日改正で廃止され、南側ターミナルに移設された。 2011年5月1日には豊能町巡回バスが廃止、2...

0283 妙見口(みょうけんぐち)

  国道423号・豊能町野間口字下谷にある停留所。もともと妙見山への参道は東能勢側からのルートが一般的であり、それが「妙見口」という停名の由来になった。現在では能勢電鉄の発展により、その歴史ある立場が失われつつある。大正期には「亀岡口」という停名だった。 なお、能勢電鉄・妙見口駅は野間峠を越えた西側(吉川)にある。     池田方面に向かって撮影。    池田方面の標柱。 (上:...

0288 妙見山上(みょうけんさんじょう)

 「妙見さん」として親しまれる能勢妙見山の頂上にある停留所。東能勢・能勢東部のバス路線はこの妙見山輸送を中心に発展してきた。現在では能勢電・妙見ケーブル・リフトの利用が一般的となり、妙見山へのバス路線は阪急バスの余野・池田系統だけとなってしまっている。  ちなみに最盛期(昭和30年代)には大阪市中央区の内本町2丁目バスセンターから梅田、豊中(阪北線)を経由して妙見山へといたるおよそ40km・2時間もの長大...

0915 箕面墓地前(みのおぼちまえ)

  箕面市今宮3丁目、箕面墓地公園前にある停留所。石橋方面に向かって撮影。  茨木方面に向かって撮影。    粟生団地・茨木方面の標柱。上写真が標柱交換前、下写真が交換後のもの。  千里中央・阪急石橋方面の標柱。2004.4.24 2012.7.22...

0855 南条(みなんじょう)

 茨木市 泉原 南条 にある停留所。山間(やまあい)にあり、昔ながらの山村風景が見受けられる。 茨木方面の標柱。 忍頂寺方面の標柱。2004.5.24...

0282 南ノ谷(みなみのたに)

  R423・豊能町余野字南ノ谷にある停留所。停名は周辺の小字「南ノ谷」から。亀岡方面に向かって撮影。    牧方面の標柱。  余野方面の標柱。2002.9.16 2004.9.19...

0772 南千里(みなみせんり)

  吹田市津雲台1丁目、阪急南千里駅前にある停留所。2009年からバスターミナル改良工事に伴って、のりば変更が3度(2009年10月1日、2010年1月13日、2011年8月3日)実施され、2011年8月3日実施分より現在ののりばとなった。  バスターミナルの改良工事に伴い、千里ニュータウン線津雲台系統はバスターミナル、吹田市内線と千里ニュータウン線佐竹台・高野台系統については府道上のりばでの発着に分けられた。1番のりば...