阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

若葉二丁目東(わかばにちょうめひがし)

  川辺郡猪名川町若葉2丁目にある停留所。2013年1月21日に実施された猪名川町内線路線再編に伴い、現行の「若葉二丁目」経由から、パークハウス東側を経由するルートに変更したことに併せて新設された。  北方向に向かって撮影。このあたりは路上駐車が多く、路線バス運行の支障をきたさないためか、沿道に路上駐車禁止を促す看板が多数設置されている。  南向きの標柱。  北向きの標柱。2013.1.27...

せせらぎ公園前(せせらぎこうえんまえ)

   川辺郡猪名川町若葉2丁目、せせらぎ公園東側にある停留所。2013年1月21日の猪名川町内線路線再編により新設された。  南に向かって撮影。すぐ目の前の市道には、猪名川パークタウン線(川西BT~白金経由~日生中央)が上下線それぞれで毎時3本以上が運行されている。  南向きの標柱。北向きと兼用している。2013.1.27...

松尾台二丁目西(まつおだいにちょうめにし)

  川辺郡猪名川町松尾台2丁目にある停留所。2013年1月21日の猪名川町内線路線再編に伴い新設された。  北方向に向かって撮影。  南向きの標柱。北向きと兼用している。2013.1.27...

猪名川グリーンランド上(いながわぐりーんらんどかみ)

   川辺郡猪名川町林田字南山、猪名川グリーンランド住宅地内にある停留所。2010年7月12日に新設された。  東方向に向かって撮影。  片方向経路のため、標柱は1本のみ。2013.1.27...

銀山公会堂前(ぎんざんこうかいどうまえ)

  川辺郡猪名川町銀山字長家前にある停留所。 銀山地区は多田銀銅山の中心地として栄え、奈良・東大寺の大仏鋳造に使われたという古い歴史を持ち、豊臣秀吉の埋蔵金が眠るともいわれている。特に江戸時代には代官所が置かれ、戸数は約3000戸を数える賑わいを見せていたが、現在は20戸の静かな集落となり、その周辺には多くの間歩(まぶ、坑道のこと)や代官所の門、明治時代に運転されていた精錬所跡などで当時を偲ぶことが...

銀山(ぎんざん)

  川辺郡猪名川町銀山字長者町にある停留所。  東に向かって撮影。  銀山公会堂方面の標柱。東向きの標柱と兼用している。2012.4.28...

原(はら)

  川辺郡猪名川町原字東垣内にある停留所。  松尾台に向かって撮影。  北向きの標柱。2013年1月21日の路線再編で廃止された。  南向きの標柱。2012.4.28...

原中(はらなか)

  川辺郡猪名川町原字宮下筋にある停留所。  南に向かって撮影。  南向きの標柱。  北向きの標柱。2013年1月21日の路線再編で廃止された。2012.4.28...

広根南(ひろねみなみ)

  川辺郡猪名川町広根字南突田にある停留所。  西に向かって撮影。  西向きの標柱。東向きと兼用している。2012.4.28...

広根ニューハイツ前(ひろねにゅーはいつまえ)

  川辺郡猪名川町広根字大水口にある停留所。  東に向かって撮影。  東方面の標柱。西向きと兼用している。2012.4.28...