阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0292 多田(ただ)

   川西市多田桜木2丁目、R173・多田駅前交差点にある停留所。交差点名の通り、能勢電・多田駅西に位置しており、同駅との鉄道線接続停留所に指定されている。 なお、この停留所の唯一の通過系統である[73]池田~能勢系統が2008年12月7日から運休、2009年11月1日改正で廃止されたことで、この停留所も南行き標柱が廃止になった。   山下・能勢方面に向かって撮影。     山下駅前・森上・能勢町宿野・能勢の郷方面の標柱。&...

JR高槻駅南(じぇいあーるたかつきえきみなみ)

   大阪r128(高槻停車場線)・高槻市上田辺町、JR高槻駅南側にある降車専用停留所。「JR高槻駅南」バスターミナルから100mほど南に下りていったところにある。2002年12月4日の深夜急行バス・茨木高槻線の開設により新設された。  停名は、高槻市バスが「JR高槻駅南」、京阪バスが「JR高槻」となっており、深夜急行バスを運行している阪急バス・国際興業バス(現在運休)は高槻市バスの停名に準じている。  JR高槻駅に向か...

明治電々前(めいじでんでんまえ)

 高槻市今城町・朝日町・国道171号群家交差点、明治製菓前にある停留所。京都に向かって撮影。  停留所名は阪急バスは「明治製菓前」なのに対して、高槻市バスでは『明治製菓』と北側にあった『電電公社(現在のNTT)社宅』の2つを組み合わせた「明治電々前」という停名になっている。ちなみに後者のNTTの社宅は2007年頃に完全撤去、新たにマンション群が建てられている。  道路地図でも多くのものがこの停留所を「明治電...

芥川(あくたがわ)

 国道171号・高槻市南芥川町にあった停留所。京都方面に向かって撮影。 1997年12月22日に通過系統である茨木水無瀬線が休止となったために、当停留所もしばらく休止していたが、2002年12月4日に深夜急行バス・茨木高槻線が開設したことにより降車停留所として復活を遂げた。なお、休止停留所としての停留所紹介はこちら。 休止していた頃の高槻方面の標柱。(2002.8.12撮影) 現在の標柱。 停名表示面。2002.8.12 2008.5.4...

高槻市役所前(たかつきしやくしょまえ)

 国道171号、高槻市城西町・桃園町、高槻市立桃園小学校南側にあった停留所。停名にある高槻市役所はここから北東に60mほど行ったところにある。茨木に向かって撮影。 1997年12月22日に通過系統である茨木水無瀬線が休止となったために、当停留所もしばらく休止していたが、2002年12月4日に深夜急行バス・茨木高槻線が開設したことにより降車停留所として復活を遂げた。なお、休止停留所としての停留所紹介はこちら。 京都方面...

阪急高槻駅(はんきゅうたかつきえき)

   高槻市北園町、阪急高槻市駅北口にある停留所。2002年12月7日に開設した深夜急行バス茨木・高槻線の終点。同路線の降り場は高槻市バス「阪急高槻駅」停留所を間借りした形になっている。  阪急バスが阪急高槻市駅への乗り入れたのは50年振りのこと。淀川右岸の新京阪線(現在の阪急京都線)沿線の路線を京阪バスから譲り受け、営業を開始したのが1951年6月1日のことで、翌1952年9月25日に廃止許可を受けている(国鉄高槻~国...

0188 呉服橋西詰(くれはばしにしづめ)

 川西市小戸2丁目、国道176号・呉服橋西詰にある停留所。  2002年3月24日の猪名川・清和台営業所管内路線再編により、西本町~JR川西池田間が廃止されるが、東向きに関しては深夜急行バス川西猪名川線が現在も運行している。 (2006.10.2撮影)   川西方向に向かって撮影。(2011.3.11)  池田方面に向かって撮影。  休止前の川西方面の標柱。(2002.3撮影)  現在の標柱。停名表示面の退色が激しい。(2006.10.2...

0189 小花一丁目(おばないっちょうめ)

   国道176号線、川西市小花1丁目にある停留所。もともとの停留所名称は「川西能勢口」で、1991年2月20日に川西能勢口駅周辺整備に伴う路線再編によって「小花一丁目」に名称変更した。 2002年3月24日ダイヤ改正時に杉生線[12][22]池田~日生中央系統が休止されたのに伴って、一般路線としてこの停留所は休止となっている。しかしながら、深夜急行バスが現在も降車扱いのみではあるが停車しており、事実上の深夜急行バス専...

モノレール宇野辺(ものれーるうのべ)

 大阪r2・中央環状上・茨木市下穂積二丁目、大阪モノレール宇野辺駅前にある停留所。もともとは「下穂積二丁目(しもほずみにちょうめ)」という停名で、中央環状西行と青葉丘南3番地地先付近にあったが、1990年6月1日の大阪モノレール開通により周辺整備や路線改変により、現在の位置になり停名も「モノレール茨木駅」に改称、0.5kmを延長している。 1997年12月22日の茨木・豊能・伏尾台管轄大改編の際に、通過系統である[111]...

新阪急ホテルバスセンター (しんはんきゅうほてるばすせんたー)

※一般路線バス梅田停は 0005 梅田 を参照 ※梅田停3のりばとして扱われている阪急三番街停は 1092 阪急三番街 を参照 ※高速バス(高速線)、有馬急行線の発着する 阪急三番街バスターミナル はこちら    大阪市北区芝田一丁目 R176・芝田交差点東、大阪梅田「大阪新阪急ホテル」玄関前にあるバスセンター。停留所表記は「梅田(新阪急ホテルバスセンター)」「大阪梅田 新阪急ホテルバスセンター」などがあるが、この記...