阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

『日本初の深夜バス』より古くから走った昭和30年代の深夜バス乗車記

 2018年3月30日深夜発を以って、阪急バスの深夜急行バス『スターライナー』の運行が廃止となりました。1990年11月30日に梅田~日生ニュータウンで運行を開始、2002年12月3日には梅田~千里中央・粟生団地、茨木・高槻の2路線が開設され、3路線が平日の深夜に運行されてきましたが、乗務員不足により2017年3月31日深夜便を以って高槻線を休止し週末・祝前日のみの運行に規模を縮小していました。  さて、日本における路線バ...

“古都”京都、“いでの湯のまち”有馬。2つのまちをダイレクトに!-2018年2月25日、有馬温泉~京都線 運行開始。

2018年2月25日、京都・有馬温泉間をダイレクトに結ぶ高速バス運行開始!  訪日外国人旅行客(インバウンド)が絶えず訪れる、古都・京都、そしていで湯のまち・有馬。昨年7月28日には、大阪国際空港(大阪空港)を経由する路線が誕生し、空港と有馬温泉とがわずか30分で結ばれるようになりました(詳細はこちら)。京都も有馬も国内だけでなくインバウンド客には人気があるようで、2018年2月3日にはNHKドキュメンタリー番組「ブ...

阪急バスよ、京都を目指せ!(3) -1953年8月 桂線は七条大宮への延伸を果たした-

 連載コラム『阪急バスよ、京都を目指せ!』第3号です。 今回は、京都市内への乗り入れを果たした支線の運行内容を見てみましょう。 京阪バスから淀川右岸各路線を譲受するとともに、阪急バス・京阪バスが相互に運行エリアへの乗り入れを果たしました。そして、大阪・京都間を直通する京都急行線(京都線、京阪線とも)の幹線路線の誕生にあわせて、1953年8月1日、京都方面では桂線(阪急東向日町~阪急桂)が阪急桂~七条大宮...

阪急バスよ、京都を目指せ!(2) -1948年10月 民営各社は京都市街へ乗り入れを画策した-

 連載コラム「京都を目指せ」第2弾は、阪急バスの淀川右岸路線が京阪バスから譲渡される前のお話です。 阪急バスが京阪バスから路線譲受した路線のうち、桂線や京阪線(京都急行線)などは、京都市内に乗り入れられないままにいました(詳細は前項を参照)。 京都市内に乗り入れるためには、京都市との相互乗り入れ協定が必要でした。1948年10月、京阪バス・京都バス・丹波交通は京都市と相互の乗入協定を果たし、民営各線は京...

阪急バスよ、京都を目指せ!(1) -1953年8月 京都急行線(京阪線)と支線が結ばれた-

 1953年8月1日、京阪バスとの乗入協定により、今まで天六~小畑橋間の運行だった京都急行線(京阪線)が淀経由で七条大宮まで延伸。これに併せて大原野線が国鉄向日町~久世橋、桂線が阪急桂~七条大宮間にそれぞれ乗り入れることで延伸を果たしました。 このとき、当時の阪急バスは路線免許の申請理由を次のように述べていました。(漢字やひらがなの字体は現在のものに修正しています) 本申請は昨年6月京阪自動車より其の路...

西谷と猪名川の往来は途絶えない(その2) -西谷自動車・広根線-

   宝塚市西谷地区にある阪急田園バスは、旧西谷村の村営バスとして役割を以って運行が始まってから、西谷地区から武田尾、そして宝塚や三田へと路線を延伸し、住民の足を守ってきた。 そんな阪急田園バスは、年に1度だけ、お隣の猪名川町にやってくる。その理由はこちらで紹介したが、そもそも阪急田園バス(前身の西谷自動車)が定期路線として猪名川町までやってきたのはいつ頃からなのか、ふりかえってみよう。1951年...

西谷と猪名川の往来は途絶えない(その1) -西谷自動車・武田尾六瀬線-

  宝塚市西谷地区にある阪急田園バスは、旧西谷村の村営バスとして役割を以って運行が始まってから、西谷地区から武田尾、そして宝塚や三田へと路線を延伸し、住民の足を守ってきた。 そんな阪急田園バスは、年に1度だけ、お隣の猪名川町にやってくる。その理由はこちらで紹介しているところだが、そもそも阪急田園バス(前身の西谷自動車)が定期路線として猪名川町までやってきたのはいつ頃からなのか、ふりかえってみよう。...

大阪(伊丹)空港から“いで湯のまち”有馬温泉まで、気軽に行ける直行バスが誕生。

大阪国際空港(伊丹空港)から“いで湯のまち”有馬温泉へ、直行30分!2017年7月28日、有馬急行線に大阪国際空港経由便が誕生。増便も。  近年、訪日外国人旅行客(インバウンド)が増加する一方です。大阪と有馬温泉を結ぶ「有馬急行線」でも、多くの外国人の利用を見かけられるようになりました。 7月28日、“いで湯のまち”有馬温泉への利便性向上を目的として、大阪国際空港(伊丹空港)を経由する[空港]便が開設。これに...

阪神と丹波を結んだ、夢の直通バス -杉生線 池田~籠坊温泉系統-

 現在、阪急バスの最北端停留所として有名なのが篠山市後川にある「後川」停留所。能勢営業所閉所に伴うダイヤ改正(2012年12月10日改正)以降、丹波篠山に乗り入れる阪急バス便は日生中央からの1日2往復のみとなりました。→[2018年7月13日追記]2018年6月26日に開催された『篠山市地域公共交通会議』において、阪急バス杉生線の杉生新田~後川間の廃止が承認されました。代替路線は地元住民限定の有償輸送となります。 旧城東...

阪急千里山から千里ニュータウンへ( 創設期の千里ニュータウン線 )

千里山駅からはじまった千里ニュータウン輸送  1962年に佐竹台を皮切りにまちびらきが行われた千里ニュータウン。あれから50年以上経過した今、ニュータウンの各所で「再生」に向けた事業が展開されています。 千里ニュータウンにおける鉄道輸送は、阪急千里線が1963年8月29日に新千里山(現・南千里)駅への延伸を皮切りに拡大していったのはご存じのとおりですが、この間にも第1期佐竹台・第2期高野台がそれぞれまちびらきし...