阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

0343 宝塚大学(たからづかだいがく)

   宝塚市長尾台1丁目、宝塚大学造形芸術学部前にある停留所。同学部(旧・宝塚造形芸術大学)への通学バスの専用停留所として設置されたもので、満願寺線「長尾台」停留所と同一停留所扱いになっている。通学バスはもともと「長尾台」停留所で発着していたが、2003年4月から専用スペースが整備されたことで、この停留所が新設されることとなった。  バス停から向こう側が学部の敷地内となる。  バス停には2台分の...

園田競馬場東(そのだけいばじょうひがし)

  尼崎市田能2丁目1番、園田競馬場敷地内・第4コーナー南側にある停留所。2012年9月7日~11月9日までの毎週金曜日に実施された「そのだ金曜ナイター」の復路アクセス用停留所として、2012年9月7日に新設された。 園田競馬場輸送では「園田競馬場」停留所が利用されているが、今回のナイター実施にあたって、地元住民から競馬観戦者を早急に鉄道駅に帰着してほしいという要望があったことから、シャトルバスを増便させるため...

JR尼崎(じぇいあーるあまがさき)

  尼崎市長洲本通1丁目、JR尼崎駅南口にあるバスターミナル。駅北口には尼崎線「JR尼崎(北)」停留所がある。 阪急バスでは、神崎線(阪急伊丹~国鉄尼崎駅前~尼崎など)を運行していたが、1970年4月10日に廃止される。これ以降、JR尼崎駅南口に阪急バスが乗り入れていなかったが、2012年4月3日から尼崎市バスが担当していたJR尼崎~園田競馬場系統の輸送を全便阪急バスが担当することとなった。これにより、JR尼崎駅南口に阪...

向日町競輪場前(むこうまちけいりんじょうまえ)

  向日市寺戸町西ノ段、京都向日町競輪場敷地内にある停留所。停名は行先表示などでは「京都向日町競輪場 Kyoto Mukomachi Keirinjyo」とも。 阪急東向日~向日町競輪場は阪急バスの許認可運行区間だが、京阪バスとの淀川右岸路線譲受に関する締結によって、向日町競輪場輸送では阪急東向日発着が阪急バス担当、JR向日町発着が京阪バス担当となっていたが、2005年5月の運行からは阪急バスに運行が統合された。 もともと向...

田尻橋(たじりばし)

  西宮市山口町船坂、兵庫r82・田尻橋西詰にある停留所。 2007年9月1日から11月30日までは西宮市南北バスの停留所として新設され、2009年4月1日の西宮山口線の正式運行に伴い再新設された。  船坂方面に向かって撮影。  名来方面の標柱。  西宮市街方面の標柱。  田尻橋の欄干にある橋名表示。「たのしりばし」と読むようだ。2011.11.20...

金仙寺(きんせんじ)

  西宮市山口町金仙寺、兵庫r82・金仙寺橋西詰にある停留所。 2007年9月1日から11月30日までは西宮市南北バスの停留所として新設され、2009年4月1日の西宮山口線の正式運行に伴い再新設された。  船坂方面に向かって撮影。  名来方面の標柱。  船坂方面の標柱。  名来方面にはこのような看板が設置されていた。2011.11.20...

清荒神参道入口(きよしこうじんさんどういりぐち)

  宝塚市御殿山1丁目、清荒神第一駐車場にある臨時停留所。1991年1月1日に宝塚市内線清荒神系統の運行開始に伴って新設された。運行開始当初から2007年1月運行分まであ御殿山四丁目・中国道下の御殿山トンネル三叉路に設置されていたが、2008年1月運行分からは清荒神第一駐車場内に移設された。また、2009年2月1日には清荒神線の運行開始に伴い、「清荒神参道入口」から「清荒神清澄寺」に名称変更している。  2009年2...

園田競馬場(そのだけいばじょう)

   尼崎市田能2丁目、園田競馬場敷地内にあるバスロータリー。園田競馬開催時に運行される、阪急園田~園田競馬のシャトルバスがここで折り返しを行う。 阪急バスでの英語表記は「SONODA RACE COURSE」。  ちなみに年に1度ほど、園田競馬では、阪急バスが企業協賛する「阪急高速バス特別」杯が開催されている。     バス停標柱付近。ロータリーはバスが3台乗降扱いできる広さになっており、乗り場も3箇所設置されている...