阪急バス路線物語(BLOG ver.)

阪急バス・阪急田園バスが運行する京阪神地区を中心に、「バス停」とその風景を撮り続けています。

INDEX

  ※ 停留所名称の漢字について、フォントや閲覧環境の相違により、   実際と異なる表記をしている場合があります。閲覧の際はご注意ください。>> 路線バス(コミュニティバスを除く)2017.4.1 更新 あ い う え お  か き く け こ  さ し す せ そ  た ち つ て と  な に ぬ ね の  は ひ ふ へ ほ  ま み む め も  や   ゆ   よ  ら り る れ ろ  わ&#...

1637 仁川団地北(にがわだんちきた)

  宝塚市仁川団地にある停留所。2004年5月27日に新設された。その後、団地内の再開発に伴って、2016年5月20日に北に160mの現在置に移設した。  仁川駅方面に向かって撮影。  バスのりばの様子。  標柱。  UR都市機構によって2016年に竣工された団地「グリーンヒルズ仁川」。仁川団地の再開発が進展している。 2004年5月27日に新設されてから移設するまでの間は、宝塚市仁川団地(現在の仁川清風台...

越木岩神社(こしきいわじんじゃ)

  西宮市美作町9番地1号・28号地先、越木岩神社前にある停留所。 毎年正月三が日と9月に行われる奉納「泣き相撲」祭事が催行される時期に、阪急夙川駅と越木岩神社の間で無料臨時バスが運行。阪急バスが神社から委託を受けて運行している。 なお、越木岩神社や夙川台線「越木岩神社北」停留所に関する紹介はこちらの記事を参照してほしい。  参道を走る無料送迎バス。  北夙川小学校前の交差点から北へしばらく上が...

『日本初の深夜バス』より古くから走った昭和30年代の深夜バス乗車記(その2) ―史料上の初見となる『深夜バス』はどこか?―

  「日本初の深夜バス」が首都圏で運行開始される遥か前、大阪ではすでに阪急バスによって都市部~郊外住宅地を結ぶ深夜バスが運行されていました。  前回の記事では当時の社員による乗車記(1959年当時)のものを紹介しました。 戦後からの復興を遂げる1953年(昭和28年)8月1日、鉄軌道の補完代行を主目的とした阪北線(阪北直行便)と京都急行線が大阪市内への乗り入れを果たすとともに、大阪~宝塚、大阪~京都間にお...

野里町(のざとちょう)[阪神国道野里(はんしんこくどうのざと)]

  大阪市西淀川区野里、R2(阪神国道)・野里交差点付近にあった停留所。1930年4月、十神乗合自動車(現在の阪急バス加島出張所の管轄エリア)野里線の運行開始とともに新設された。1933年5月、野里線の廃止にあわせて停留所も廃止された。  かつてのバス経路は商店街になっている。野里交差点に向かって撮影。  現在も大阪シティバス・阪神バス「野里」停留所が設置されており、東西南北の各方向に路線バスが運行されている...

小津紡績前(おづぼうせきまえ)

  大阪市西淀川区歌島1丁目(住所表記は現在のもの)にあった停留所。1930年4月、十神乗合自動車(現在の阪急バス加島出張所の管轄エリア)野里線の運行開始とともに新設された。1933年5月、野里線の廃止にあわせて停留所も廃止された。 停留所名称の由来は、ここから北西(現在の住所表記でいう歌島1丁目19番~24番地内)にあった『小津細糸紡績所』に由来している。廃止してから10数年後の終戦前後に工場は無くなり、その後の...

甲南病院(こうなんびょういん)

    兵庫県武庫郡住吉村字鴨子ヶ原1849番地(当時)にあった停留所。1935年2月に甲南病院への通院客輸送を目的とした御影線の運行開始にあわせて(旧国道御影~甲南病院)の終点停留所として新設された。その後、太平洋戦争の情勢変化により1940年9月に休止となり、戦災からの運行復興のめどが立たず、1950年2月10日に廃止となった。  ヘアピンカーブになっているこのあたりで阪急バスは転回していたようである...

阪急御影(はんきゅうみかげ)

  現在の神戸市東灘区御影2丁目付近、阪急御影駅前にあったと思われる停留所。1935年2月に御影線の運行開始にあわせて(旧国道御影~甲南病院)の起点停留所として新設された。その後、太平洋戦争の情勢変化により1940年9月に休止となり、戦災からの運行復興のめどが立たず、1950年2月10日に廃止となった。  駅南側の様子。このあたりを阪急バスも走っていたのだろうか。  阪急御影駅。 ...

御影師範前(みかげしはんまえ)

  現在の神戸市東灘区御影中町3丁目付近にあった停留所。1938年6月20日に停留所の設置が認可されたが、太平洋戦争の情勢変化により1940年9月に休止となり、戦災からの運行復興のめどが立たず、1950年2月10日に路線廃止とともに廃止された。   どのあたりにバス停があったかという史料は残っていないが、当時の地形図から判断すればこのあたりにバス停があったのだろう。停留所名称にある「御影師範」こと兵庫県御...

旧国道御影(きゅうこくどうみかげ)

  兵庫県武庫郡御影町字申御田951番地先(当時)にあった停留所。1935年2月に御影線の運行開始にあわせて(旧国道御影~甲南病院)の起点停留所として新設された。その後、太平洋戦争の情勢変化により1940年9月に休止となり、戦災からの運行復興のめどが立たず、1950年2月10日に廃止となった。  当時の地図資料ではこのあたりにバス停や車庫があったらしい。  現在の阪神御影駅南口。   阪神御影駅南口に...